スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とりあえず
とりあえずお久しぶりです。
少ししたら仮復帰できそうなので、覚えておられたらよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2006/12/21 14:41】 駄目日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
また来月~ノシノシ
リサ・ハンプトン>おちます~
リサ・ハンプトン>ではまた~ノシノシ
リサ・ハンプトン>また来月会いましょう~


などとお別れしましたが・・・
more…
【2006/09/28 13:43】 駄目日記 | トラックバック(0) | コメント(5) |
あたらしい空気を・・・
新しい世界の空気を味わう前に・・・
more…
【2006/08/30 17:25】 駄目日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ヴェネツィアのお祭り
ヴェネツィアの12ヶ月は、共和国時代から宗教的なお祭り、世俗的なお祭り、政治的なお祭りの繰り返しによって過ぎていた。今でもこれらのお祭りは受け継がれており、1年を通じて様々な催し物が開催されている。
代表的なものは、やはりカーニバル。18世紀の衣装や昔ながらの装束と現代のちょっと変わった独創的な仮装とが混わりあって、町中が仮装した人で溢れかえるこのカーニバルは誰でも参加できてしまうもの。
あなたもそんなヴェネツィアのお祭りの時期にあわせて訪れてはいかがでしょうか?

--------------------------------------------------------------------------------

● Carnevale (カーニバル)2月7日~2月24日


● Festa della Sensa (海との婚礼の祭典) 5月23日
サンマルコの岸辺からお召し船(ブチントーロ)に乗ったドージェがリドの海まで行き、金の指輪を海になげ「海よ。永遠の海洋支配を祈念してヴェネツィアは汝と結婚せり」と唱える。今ではドージェに変わってヴェネツィア市長がこの大役を演じる。

● Vogalonga (ヴォガロンガ) 5月30日
22年位前から始まったもので歴史はないが、ヴェネツィア人がこぞって参加する祭り。かつてのヴェネツィア人が知り尽くしていたラグーナを見直そうという意味がある。数千艘の小舟と5.000人以上の漕ぎ手が参加するが、この数は年々増えている。サンマルコの岸辺から午前8時30分に大砲の合図で始まる。サン・エラズモ、ブラーノ、マッツェルボなどの島々、ラグーナの北部全域、約32キロを漕いで回る。速い船なら4時間、遅いのになると丸1日を費やしてラグーナでの舟遊びを楽しむ。ヴェネツィアならではのマラソンである。

● Redentore (レデントーレ) 7月15日
レデントーレとはジュデッカ島にある教会の名で、中世の頃ヴェネツィアの貴族達が蒸し暑い夏の夜にゴンドラを繰り出して涼を求めたところである。1576年ペストがヴェネツィアを襲い5万人以上の死者を出した時、この教会はペストからの守護教会とされた。ペストの流行が治まると、それを記念してこの祭りが始まった。この日だけジュデッカ島とザッテレの岸の間に浮き橋が渡され、人々は歩いて島へ渡り、レデントーレ教会を訪れる。
小舟で運河に出た人々は、船の上で伝統的な料理(アヒルのローストと煮込んだいんげん豆、魚をフライにして玉ねぎで煮込んだもの、白ぶどう酒)の夕食会を催す。ジュデッカ運河には光に飾られた小舟があふれる。夜の12時になると一斉に花火が打ち上げられ祭りはピークに達する。
● ベニスが歌う日 7月29,30日

7月29日、30日は 世界中から、たくさんの、バンドや、歌手、アマチュアグループなどが、集まってきて、朝から夜まで、カッレ(通り)や、カンポ(広場)で、歌ったり、楽器を引き続けます。いろんな歌、いろんな音楽をたずねて街をねり歩くのは楽しい経験です。
ベニスの街のありとあらゆる場所が、メロディーでおおわれて、街の様子が変わってしまう不思議な日
● Regata Storica (歴史的レガータ)9月5日
共和国時代の栄光を偲ばせる一大パレード。華麗な民族衣装による水上パレードの後にゴンドラレースが行われる。観戦する為の席が設けられるが、当日券も販売される。橋の上からの無料の観戦も可能。
水上パレードは1489年のキプロス領有を記念するもの。東地中海要衝の地キプロスに関心をもっていたヴェネツィアは、キプロス王ジャコモ2世の妃にヴェネツィアの娘カテリーナ・コルナーロという美女を送り込み、結婚に際し、ジャコモ2世に後継者が生まれない時にはキプロスをヴェネツィアに譲り渡すという約束を取り付ける。二人の間に生まれた皇太子はジャコモ3世となるがすぐに他界してしまう。後を継いで女帝として立ったカテリーナはヴェネツィアの要求を15年に渡って拒否する。しかし1489年ヴェネツィアの圧力に屈して退位し、以後82年間キプロスはヴェネツィアの支配下に入ることになる。退位したカテリーナを迎える儀式がこのパレードの起源となっている。
ゴンドラレースは更に古く942年の1月31日の事件に基づく。この日カステッロにある教会で12組の結婚式が同時に行われた。このめでたいお祝いの最中に、当時アドリア海で暴れていた海賊ナレンターニの襲撃を受け財宝もろとも花嫁も奪われてしまう。すぐさま舟で追跡したヴェネツィア人は激戦の結果、双方を奪い返すことに成功した。このときの追跡の模様が祭りの中に取り入れられた。
華麗に塗り分けられ、金色の飾りを付けた小舟の群が午後2時半、サンマルコの入り江からパレードを開始する。共和国時代にタイムトリップしたような錯覚に陥る。ゴンドラレースの方はサンタエレナを出発し大運河を抜けてサンタルチア駅まで行きカ・フォスカリの前まで競漕する。参加する舟にはいろいろな種類があり、6本の櫂をもつカオルリーナ、漕ぎ手が女性のドンネ、ゴンドラより小さくて軽いゴンドリーニ、それらが昔ながらに色分けされて漕ぎ競う。

● Festa della Salute (聖母マリア奉献祭) 11月21日
サンタ・マリア・デラ・サルーテ教会に渡るため、この日だけ大運河に浮き橋が渡される。人々はロウソクを手にサルーテ教会に健康を祈りお参りする。この教会は1630年にペストの終焉を祈って建てられた、聖母マリアに捧げられた教会。聖母マリア奉献祭は1681年から続いており、サンマルコ寺院から出発した行列が仮設の橋の上を渡ってサルーテ教会までやってくる。

http://www.venicevisit.com/info/festa.html

いろんなお祭りがあるんですね~。

こういう元ネタを使っていろんなお祭りをやっていきたいですね。
たとえばヴェネツィアンカーニバルだけではなくもっとヴェネツィアを盛り上げていけるお祭り(イベント)を催していけたら面白いと思いませんか?
【2006/08/30 10:36】 駄目日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
暑い
暑いので何もする気がない今日この頃・・・。
商会の皆さんは元気でしょうか?

リサは臨死状態です。


冷房が壊れると本当に死にそうになりますね~。

皆様も暑さに負けず気合を入れてがんばってくださいませ。
【2006/08/09 22:54】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。